2018年01月17日

かかりつけ医を変える

10年以上をお世話になった、かかりつけの神経内科院を変えました。
最大の理由は、薬に対する考え方の違いに、どうにも納得がいかなくなったことです。
これが筋無力症の薬ではなく、血圧の薬なんです。
通常私はカルシウム拮抗剤を処方され、上が120〜130台なのですが、主治医はこれが高いと言います。
ならば「どの位になれば良いのですか?」と聞くと「常時110台です」これって低いでしょ。
私血圧が低いとMGの症状が出るし、今の薬で具合も良いので「このままでいいよ」と抵抗をし続けましたが、別の新しい薬を使いたがっているのがありありと分かりまして、思い切って他の筋無力症を診てくれる医院に行くことにしました。
変更前に、セカンドどころかサードオピニオンまでして先生方に血圧の事は聞いていました。
処方箋薬局の薬剤師さんにもね。すると全員から今の血圧で問題がないと回答され、自分の判断に自信を持ちました。どんなに長くお世話になった医師でも、患者が成長していくと、考え方の違いというものが出てきます。
それを言えずに悶々とすると診察が憂鬱になり、ストレスばかりが溜まって身体に良いことありません。
今は気持ちも楽になり血圧ももちろん安定状態です。
posted by まめ吉 at 11:58| 宮城 ☁| Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

体内のコミュニケーション

NHKスペシャル シリーズ人体を見ました。昨日のテーマは「骨」でしたね。
一昨年、骨粗しょう症治療薬の副作用で入院に追い込まれた私には、興味のある番組でした。
骨が全身に向けてメッセージを送り、若く元気な身体を作ろうしているという内容には、
とっても有難い気持ちがしました。私達が気がつかない間に、ひたすら黙々と働いてくれているのです。
体中の臓器とコミュニケーションを取りながら、24時間頑張ってくれてるんですね。
それが分かると、骨がもろくなるのを防ぐという一面だけで強い薬を投与するのは、やはり怖いなと今更ながら感じました。
あの注射1本で、骨が発する何かのコミュニケーションを遮断していたのかと思うとね。
自分自身に申し訳なくって。身体ってまだまだ知られていない事が多くて、今やっている治療が、本当は悪影響しかないって事が、将来分かってくるかもしれません。薬を飲み続けなければいけない私ですが、同時に身体に負担をかけていることも、しっかりと覚えておかなくてはいけないのです。(身体よゴメン)
posted by まめ吉 at 22:29| 宮城 ☔| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

来年もハッピーな1年で

今日は2017年の大晦日。今年も色々やってきました。「明日げんき会」の活動は3月の坐式太極拳練習会から始まり、12月の災害時セルフケアセミナーまで、気がつけば6回も開催しています。
その中には念願の🎬「1/4の奇跡 本当のことだから」の上映会もありました。
「筋無力症友の会 宮城支部」の会員としては、東北医科薬科大学病院の言語聴覚士さんをお招きして、MG患者の口腔ケアについての講演会も、企画させてもらいました。こうなると何かのイベント屋のようですよ。周りの皆さんからは、「身体は大丈夫?」とご心配を頂くのですが、不思議と不調は起きません。昨年死にそうなほど悪化して入院していたのが嘘のようです。
思うにこれは、自分にとって正しくて楽しい事だからなのです。頑張るのとは違いますよ。楽しい事でも、正しくないものは、身体に負担を生じます。
企画を立て、参加された皆さんから「楽しかった。勉強になった」と明るく答えて下さるのを見て、私も又元気になります。 良い気の循環ですね。前回のブログで紹介した映画の中で、ある療法士の方が「病気の症状が治まっても、その人の人生に不満を感じるものがあれば、治ったとは言わない」というような事をおっしゃられていました。これが真実ですね、来年はもっとハッピーになる企画をいきますよ。
posted by まめ吉 at 21:07| 宮城 ☁| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする