2017年06月20日

更新手続き

6月といえば、特定疾患の更新手続きの季節です。私にも先月終わりに書類が届き、「臨床個人調査票」をいつものクリニックに持参しました。
今回は経過措置適用者の期間が終了となる為、提出書類にも変更部分があります。自分が記入する欄にわからない部分があり、役所に問い合わせると丁寧に教えてもらえました。これが7月の提出期限日あたりだったら、そうはいかないでしょう。何でも早めにやることですね。
臨床個人調査票は、見た目が大きく変わっていました。中身は読みやすくなったかな。まあとにかく先生に記入してもらおうと提出しましたら、事務の女性から2〜3質問を受けました。
審査は先生が当然やりますが、その指示で事務方が記入を行っているようです。これって大病院などはみなそうしますね。今回は、筋無力症だけでなく他の特定疾患の個人調査票も改定されていると思うので、難病患者ばかりの神経内科は、かなりの大仕事になっているのではないでしょうか。ですが患者個人としては、医療費に直結する大事な認定ですからね。出来上がった書類をじっくり受付で確認しました(嫌な患者だな)f(^^;)
昨年、病状悪化で転院した際に受けた治療もしっかり記入されており一安心。(抜かされそうだったので)
これで来月提出です。
posted by まめ吉 at 15:51| 宮城 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

お薬勉強会

「明日げんき会」の養生セミナー、7月1日にお薬勉強会を実施します。お薬といっても、筋無力症の治療薬はやりません。今回はOTC薬の勉強会です。OTCとは、ドラッグストア等で販売されている一般医薬品のことです。
国はセルフメディケーションに力を入れていて、今年に入って「セルフメディケーション税制」という医療費控除の特例がスタートしました。言ってみれば、「国も医療費が大変なので、軽度な不調は個人で何とかして欲しい」ということです。なるべく「薬には頼らず何とかする派」の私ですが、OTC薬を勉強しておいて悪いことはありません。今回は、細かくて読むのが嫌になる添付文書の読み取り方(全部は読まずともここは押さえておけ)というポイントと、かかりつけ薬局の薬剤師さんとのお付き合いの仕方を勉強します。
講師は、私がいつもお世話になっている院外処方箋薬局さんが、快く引き受けて下さいました。こちらの薬剤師さんは、宮城の薬剤師さん達で作るNPO法人の代表も務めていらっしゃいます。
有難いことにチラシも作ってくださいました。これを第1回として、シリーズ化を考えているのです。
posted by まめ吉 at 16:15| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

戦術と戦略

前回に続き、今回もホリスティック医学協会の講演会でのお話です。
帯津先生が、ある抗がん剤についてお話をされました。当初はかなり有望だと思われたお薬なのだそうですが、期待されていたほどの効果があまり聞かれない。使い方に問題があるのだそうです。
先生はそれを「戦術と戦略」という言葉で表されていまいた。薬は「戦術」でありますが、使えば良いというものではないのです。その薬の効果を最大限に引き出すための身体にしなければいけません。
それが「戦略」です。私はそれを、「その人の身体を見透す力だな」と思いました。
現在私は漢方薬を服用していますが、体調の底上げになると同時に、MGの薬の効果を上げる事にも役立っています。
胃腸が弱いので、漢方で吸収力を上げることにより、MG薬の効き目が良くなるのです。
同じ疾患でも、患者が10人いれば戦略は個々違ってきます。
それがわかる医師に出会えるかどうかなのですね。
posted by まめ吉 at 20:56| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする