2017年08月17日

怒涛の3か月

パソコンの無線キーボードが壊れてしまい、久しぶりに有線キーボードを復活させブログを書いています。
やっぱり慣れないなあ。コードも邪魔で見た目もスッキリしないし。昔はこの有線キーボードでも平気だったのだけど、機器の進化に慣れてしまうと、ちょっとした不自由さに戻れないものですね。(しみじみ)
ところで10月からの「明日げんき会」ですが、怒涛の3か月連続企画です。本当は春に行う企画が秋に伸びてしまい、こうなってしまいました。何をするかというと、10月は、7月に開催して好評だった「お薬セミナー第2弾」です。今回は薬、サプリ、トクホの違いと、CMでよく見る「青汁とグルコサミン」について。
11月は、最もやりたかった企画「1/4の奇跡、本当のことだから」のミニ映画上映会です。かっこちゃんと雪絵ちゃんのお話は、是非是非、病に悩む人達に見てほしい。見終わった後、小さな希望が湧いてくる映画なのです。
そして12月は、毎年恒例の「中医学養生セミナー」。今年は災害時のセルフケアについて。
今回は、マッサージ等のやり方も教えていただきます。
一人立ち上げの「明日げんき会」ですが、お手伝いを申し出てくれる方達も出てきて、感謝ですよ。
悟空じゃないけど、今とってもワクワクするぞ。
posted by まめ吉 at 11:21| 宮城 ☔| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

みやちゅう新聞読者会に参加する

宮崎中央新聞読者会に参加しました。この新聞は、事件や暗い話題が一切載らない、知る人ぞ知る新聞です。今日は編集長の水谷さんのご講演とランチ会があるので、初参加してきました。宮城では3年ぶりの読者会だそうです。私の興味として、遠い宮崎の新聞をここ宮城でどのような方達が購読されているのか、非常に関心があったのです。参加すると直ぐに会場の気持ち良さを感じましたよ。先日のラフターヨガ講演会と同じようなポジティブな「気」です。掲載されている記事は、心に栄養を与えてくれる感動的なお話ばかりです。
それを好んで購読されいる方々なので、皆さん明るく前向きなんですね。2時間の編集長のご講演も、テンポよく笑いも時折織り交ぜながら、宮崎中央新聞が大切にされている思いを伺う事が出来ました。
いつも感性のアンテナを伸ばし、心が動くようにされているのだそうです。何事もそうですねえ。心が柔軟に動いて興味を持つことが、身体の糧になっていくのです。問題が起きたとき解決のヒントを与えてくれますね。
ランチ会では、皆さんと名刺交換をさせていただきました。今後の「明日げんき会」活動にも影響がある素晴らしい出会いです。楽しかった〜
posted by まめ吉 at 20:50| 宮城 🌁| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

闘い続ければいつかは負ける

前回のブログに書いたDR.カタリア講演会でのことです。日本中から仙台に来られたラフターヨガ仲間数名が壇上に上がって自己紹介をしました。その中に、ご主人を鬱病による自殺で亡くされた方がいらっしゃったのです。病に良いと思い、御夫婦でラフターをされていたそうですが、自殺という最悪の結果になってしまいました。その方がおっしゃるには、ご主人は鬱病と戦っておられた。「戦っていると、いつかは負けるのです。」
淡々とした言葉でしたが、深く重い一言でした。以前、筋ジストロフィーの詩人、「岩崎航」さんから「病気と闘うのではなく、闇に落ちそうになる自分の心を戦う」それが闘病だと伺ったことがあります。
病気と闘うのではなく癒し、枯れている心にエネルギーを注ぐこと。その大切さを、改めて教えられたような気がします。
ご主人を亡くされた奥様が、今こうして立ち上がる事が出来たのは、やはり「笑いの力」だそうです。
最後に人を救うのは「笑い」なんですね。

posted by まめ吉 at 21:53| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする